埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2015年01月14日

病床の綴ります

1月14日
入院して11日足腰が動かなくなりベットでの毎日傷みが出れば痛み止めの薬を飲み痛みを抑えて寝る、トイレも一人ではできずに看護師さんが3人係で大変な騒ぎとなるので小は管を入れて自然排尿、大もそのうちにオムツでとなりそうで嫌だけど入院している身では我儘も言えず、世話になりっぱなしの看護師さんに申し訳ない。リハビリで動かない両足をマッサージしてもらえて少しは楽になりました。車いすに乗り病院内の売店まで買い物に連れて行ってもらえて疲れたけれども気分転換ができて嬉しかった。
痛み止めの薬の量が増えきて更に注射も増えてきた。やはり症状が悪いほうへ進んでいるのだろう・・・・
残りれの余命をどう生き抜けば好いのやら・・・・・・

今日はここまでが精いっぱい
posted by wada at 15:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

久しぶりの投稿となりました

本当に何か月ぶりの投稿となりました。
7月頃より体調が思わしくなく入退院を繰り返しておりました。
8 月背骨に癌が転移していることがわかり抗癌治療を行ってきておりましたがどんどん悪くなるばかりで
余命数か月の宣告を受け自分自身の心の整理もつかず体調不良と共に入退院の繰り返し、何も手につかずただ漠然と何かをせねばと思いながらも何もできない苛立ちに毎日悩み苦しんでばかり、こんなことでは行けないと思いつつも身内以外の方に状況を知らせないでおりましたが、この先いつまで生きられるのかわからない人生最後の戦いを綴れるまで綴ってみようと書き始めました。
昨年11 月末に八丈島から孫たちが来てくれるのに合わせて酸素ボンベをつけての退院して幾日か自宅にて過ごしておりました。
12月初めに孫たちは帰った後は一人で不自由なな体で何とか頑張って生活をしておりました。
そんな中で陸前高田の気仙の棟梁菅野氏よりちょくちょく電話で励ませれて又月半ばには菅野ご夫婦でわざわざお見舞いに来てくれた。菅野氏の身体も未だに快復したわけでもないのに本当に友の励ましに感謝感激しております。この後についにに足腰が不自由になり車椅子での生活になってしまいました。
この正月は30日から八丈の孫たちが来てくれたので、大晦日は家族全員で思い出を作りたかったので焼肉屋へ行って楽しく語らいおいしい肉を食べて年越しができました。
開けて元旦に今までなら初日の出の写真を撮りにどこかへ出かけていたのですが今年はこの体になりどこも出かけられないので自宅での初日の出も拝み、家族全員での元旦の御馳走を食べ楽しい思い出となり、まだまだ生き延びなければと思いながらも2日の午後より完全にら足腰が動かなくなり車いすよりベットへの乗り移りもできなくなってしまいやむを得ずに3日に入院することになり今は病院にて体調の良い日に少しでも何かを伝えることがあるのかもしれない、そんなこと身勝手な事は知りたくないよ・・無様な姿を見せるなよ・・言われるかも知れませんが私なりに書いてみようと思う。
ここまで書くのがやっとなので今日はこれまでにします。
posted by wada at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

草加の土蔵改修

草加市ある土蔵の改修工事を始めました。
傷みが進んでこれ以上何もせず放っておけば建物の倒壊も考えなければいけないところまで来ておりましたので完全なもとの姿に戻すのには莫大な費用が掛かってしまうため今回は最小限危険な状態を回避し室内を有効活動できるように設計は伝統技法研究会が何年もの時間を費やしていたのを私にお声掛けいただきお手伝いさせていただく事となりました。
14-1-8 047.jpg

屋根に這える木
14-1-8 021.jpg
外壁の土壁を伝わり土台と基礎石で横に這い隙間を見つけて地上に伸びる根の強さにびっくり仰天です
14-1-8 034.jpg
外壁の土壁漆喰に洗い出し仕上げが施されてあり、土壁はほとんど木の根っこが伸びるに従い土はなくなっています。角の通し柱が腐り果てて亡くなってしまいましたので取り替えなければなりません。
洗い出し仕上げ壁を壊さないように残し角の通し柱を交換する神技に近い作業を大工さんが一人で施工していきます。
IMG_5547.JPG
交換した新しい柱と木舞竹
IMG_5544_1.JPG
1階床の撤去と新設がほぼ終わり足元が良くなりこれからは作業も進むことでしょう。
私の体がこんなことになりなかなか現場へ行けないので辛いのですが笠原女史にお手伝いいただき現場管理をお願いしております。
この現場が残念ながら私の最後の仕事になるのでしょう。万が一体調が回復すればと期待しますが思うに任せないのが現状でしょうから・・・・
posted by wada at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。