埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2014年07月11日

発熱により断念

先週末から咽の腫れと発熱により病院通いが続き見積もりやら手配が思うに任せず難渋しています。
そんな中で楽しみにしていた立命館大学びわこ・くさつキャンパスでの「石場建てを含む伝統的構法木造建物の設計法」報告会が迫ってきましたので残念ながら断念せざることになりました。
以前のブログはこちら
この発熱での遠出には自信も無いし途中で人様に迷惑をかけるわけにも行かないので渋々断念するしかなかった。早く体調を整えて明日からは頑張らねばいつまでも弱音を吐いてはいられない・・・
014.jpg


001.jpg
午後から葛飾の家に文化財担当の方がみえるので立ち会いに行ってきます
007.jpg
でも熱がこんなに長く続いたのは何年ぶりかな〜
早く治さないと17日には八丈島からかわいい孫がやってくる
楽しみだな〜〜
写真 1.JPG



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 09:37| Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

伝統的構法の木造住宅に明るい兆し・・

久しぶりに伝統的構法に明るい兆しが指し始めたようです。
12-2-15 707.jpg
伝統的構法委員会からの情報
大江氏のフェイスブックより参照
大江氏
「伝統的工法による木造建築物についても一般的に建築が可能となるよう、基準の策定等に向けた検討を行うこと。」と国会で附帯決議されました
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Futai/kokudo05DC2566FA92400349257CE600042FBA.ht
国土強靭化基本計画のP16の下から五行目に「伝統的構法」の文字をいれていただけるように、5/7に古屋大臣とお会いしたときに古屋大臣のできることとして国土強靭化の傘の中に伝統的構法を明示しようといってくださり、夜の幹部会にて、明記していただくことを提案し手頂き、翌日、決定したことの連絡をいただきました。このように、明記されました。よって、官庁は、この方針にそって政策を進めなければなりません。伝統構法の設計法実現への、外堀をひとつ埋めました。ご確認ください

木造建築関連基準の見直しにより、国産木材の利用促進や十分な安全性が確保された大規模な木造建築物の一層の普及が図られるよう、地方公共団体や関係団体等と連携し、改正内容等の周知に万全を期すこと。また、伝統的工法による木造建築物についても一般的に建築が可能となるよう、基準の策定等に向けた検討を行うこと。

今まで木造住宅の伝統的構法で建てることは至難の業であつたがこの一言が付け加えられたことで大きな変化となり木造の伝統構法に光が差し始めたようであります。
7月12日(土)京都での「石場建てを含む伝統的構法木造建物の設計法」報告会に詳細が明らかにされると思います。12日京都行きが楽しみになってきました
帰ってきたら報告します



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 08:53| Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

「石場建てを含む伝統的構法木造建物の設計法」報告会のお知らせ

伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験 検討委員会
検討委員会が国交省の事業の一つとして長年かけて伝統工法の石場建て木造建築が建てられるように検討してきまして国交省に報告書を提出して時間がたちましたがようやく国の法律化に向けた動きが始まりそうな気配が見えてきました。
検討委員会では遅くなりましたが今までの報告会を開催されます。
平成26年7月12日立命館大学びわこ・くさつキャンパスローム記念館
資料代2000円定員300名
http://www.green-arch.or.jp/dentoh/index.html

参加申し込みはhttp://green-arch.or.jp/dentoh/news.html#a42
姉歯の事件をきっかけに木造住宅が建てにくい法律にどんどんと変えられていき日本の伝統ある石場建て木造建築は造れない法律にされてしまいました。
そんな中でなんとしても伝統工法で造られるようにしなければいけないとの声が多き上がり国もようやく重い腰を上げて伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験 検討委員会をつくり5年以上にわたり検討して報告書が出されてからさらに2年以上も棚晒しされておりましたがようやく重い腰をあげて法制化に動き出すようです
7月の報告会で先の見える話が聞けることを望んでおります。
14-3-10.jpg

14-3-20 001.jpg



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸へ
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 08:55| Comment(0) | 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。