埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2014年11月04日

草加の土蔵改修

草加市ある土蔵の改修工事を始めました。
傷みが進んでこれ以上何もせず放っておけば建物の倒壊も考えなければいけないところまで来ておりましたので完全なもとの姿に戻すのには莫大な費用が掛かってしまうため今回は最小限危険な状態を回避し室内を有効活動できるように設計は伝統技法研究会が何年もの時間を費やしていたのを私にお声掛けいただきお手伝いさせていただく事となりました。
14-1-8 047.jpg

屋根に這える木
14-1-8 021.jpg
外壁の土壁を伝わり土台と基礎石で横に這い隙間を見つけて地上に伸びる根の強さにびっくり仰天です
14-1-8 034.jpg
外壁の土壁漆喰に洗い出し仕上げが施されてあり、土壁はほとんど木の根っこが伸びるに従い土はなくなっています。角の通し柱が腐り果てて亡くなってしまいましたので取り替えなければなりません。
洗い出し仕上げ壁を壊さないように残し角の通し柱を交換する神技に近い作業を大工さんが一人で施工していきます。
IMG_5547.JPG
交換した新しい柱と木舞竹
IMG_5544_1.JPG
1階床の撤去と新設がほぼ終わり足元が良くなりこれからは作業も進むことでしょう。
私の体がこんなことになりなかなか現場へ行けないので辛いのですが笠原女史にお手伝いいただき現場管理をお願いしております。
この現場が残念ながら私の最後の仕事になるのでしょう。万が一体調が回復すればと期待しますが思うに任せないのが現状でしょうから・・・・
posted by wada at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。