埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2014年05月31日

栗橋の歴史に嵌る1

日光街道栗橋関所・栗橋宿を元気にする会
会が発足して一年がたち総会の準備と歴史セミナーと街歩きを開催するに当たりいろいろと準備作業が必要となり、いにしえの商いを営んできた商家に屋号を掲げていただこうと各家の聞き取り調査を進めていくうちに嵌まり込んでしまう自分がいる・・・・・
栗橋町史第2巻より参照させていただきました
イメージ (2).jpg
利根川の河岸 栗橋は経済の重要拠点でも会った
イメージ (23).bmp
帆船の時代から蒸気船へと移り変わり明治以降は鉄道・道路の整備により経済の流通が大きく変化して栗橋の町並みは衰退していった
イメージ (5).jpg
親切に対応していただける勝手の大旦那さんたちの熱き心がジンジンと伝わってきます。
何が何でも栗橋関所の復元と町並みの活性化を成し遂げなければあの世にはいけそうもない・・・
イメージ (6).jpg
風刺画
イメージ (7).jpg
聞き取りに伺い皆さん町の歴史には詳しいのになぜかまちおこしの話にはならない・・・
かってこの地は天領として幕府直轄政治が布かれていた・・その名残なのか・・・未だ謎のまま・・・
まだまだ皆さんと真剣に取り組んで理解してもらわねば・・・前へは進めない・・・
イメージ (9).jpg

イメージ (8).jpg

イメージ (11).jpg
親切な町の方の協力を得て資料をいただき参考文献も教えていただき調べて行くのは大変な労力ですがこれまた楽しい・・・嵌まり込んでしまう・・



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
この記事へのコメント
和田様
 先ほどお電話を差し上げた駒崎と申します。このコーナーでよろしいでしょうか。
 8月31日〈日)「地図」と「かるた」で辿る越谷の古道〜古きものを新しい魅力に〜
の講座に合わせ、展示で草加〜栗橋宿までの旧日光街道をつなぎ、かるたと資料で日光街道の宿場町、それぞれの今昔を見てみたいと思います。
私の会では越谷いろはかるたを作ったので、あるところはかるたとマップや資料などで紹介する予定です。本来ならば現地に伺って肌で感じるところですが、まだ、準備段階なのでとりあえず街の地図を頂き進めていきたいと考えております。お手数ですが杉戸・幸手・栗橋の地図です。よろしくお願い申し上げます。
                  こしがや地域ネットワーク13   会長 駒崎美佐子
Posted by 駒崎美佐子 at 2014年06月02日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。