埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2014年05月31日

栗橋の歴史に嵌る1

日光街道栗橋関所・栗橋宿を元気にする会
会が発足して一年がたち総会の準備と歴史セミナーと街歩きを開催するに当たりいろいろと準備作業が必要となり、いにしえの商いを営んできた商家に屋号を掲げていただこうと各家の聞き取り調査を進めていくうちに嵌まり込んでしまう自分がいる・・・・・
栗橋町史第2巻より参照させていただきました
イメージ (2).jpg
利根川の河岸 栗橋は経済の重要拠点でも会った
イメージ (23).bmp
帆船の時代から蒸気船へと移り変わり明治以降は鉄道・道路の整備により経済の流通が大きく変化して栗橋の町並みは衰退していった
イメージ (5).jpg
親切に対応していただける勝手の大旦那さんたちの熱き心がジンジンと伝わってきます。
何が何でも栗橋関所の復元と町並みの活性化を成し遂げなければあの世にはいけそうもない・・・
イメージ (6).jpg
風刺画
イメージ (7).jpg
聞き取りに伺い皆さん町の歴史には詳しいのになぜかまちおこしの話にはならない・・・
かってこの地は天領として幕府直轄政治が布かれていた・・その名残なのか・・・未だ謎のまま・・・
まだまだ皆さんと真剣に取り組んで理解してもらわねば・・・前へは進めない・・・
イメージ (9).jpg

イメージ (8).jpg

イメージ (11).jpg
親切な町の方の協力を得て資料をいただき参考文献も教えていただき調べて行くのは大変な労力ですがこれまた楽しい・・・嵌まり込んでしまう・・



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/

2014年05月30日

庭のサボテン2

ほったらかしのサボテンが咲き始めあっという間に次から次へと咲いていきます
IMG_4482.jpg
毎日入れ替わり立ち替わりで咲いていきます
今年も数多くの蕾か大きくなり例年より多いような気がしますね
IMG_4478.jpg

IMG_4489.jpg
こちらのサボテンも蕾を20個ほど付け大きくなっていますのでいつ咲くか目が離せません
IMG_4488.jpg
栗橋宿の聞き取り調査も順調に進んでおります。
今日も合間をぬって一軒のお宅へ伺います。
その後土蔵の改修で草加のお客さんと現地で打ち合わせです
IMG_4486.JPG
昨日夕方越谷で埼玉住まい交流展を今年も越谷で行うとのことで第1回打ち合わせに行ってきました。
越谷へ向かう前は大雨・強風・雷と大荒れでしたが行くときには晴れてきて虹か綺麗に出ていました。
写真はあまりよく写っていませんが綺麗でしたよ



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

聞き取り調査3

昨日に続き聞き取り調査3です
宿場町に唯一軒残る大店です
IMG_4382.jpg
表通りに面して店構え住まいと土蔵に大谷石積みの蔵さらに屋に一段高く土盛りされその上にはかって土蔵があり利根川の堤防が氾濫しても当分は困らないための備蓄蔵がありました。
栗橋宿には昔は沢山あったこの佇まいも今残るのはこのお宅だけとなりました。
このお宅も聞き取り調査に伺う予定です。
IMG_4384.jpg
昨日と一昨日の二日間かけての下野屋さんの聞き取り調査に年老いたご夫婦が親切丁寧に対応いただきありがとうございました。
江戸の初期かそれ以前に下野国今の栃木県から移住した祖先から分家して江戸初期に朝鮮人参が国内栽培できるようになり薬を造り販売できるようになったことによりこの屋の13代前の主が薬種問屋として商いを始めたようだ。又薬の製造も行い新薬も開発しているようです。代々柿沼薬舗として商い今のお店は明治42年の建築で住まいの部分は大正8年建築だそうです。
利根川の氾濫があるたびに堤防の強化工事が行われ宿場町はどんどん堤防の下に埋もれていき今回の堤防工事により残された敷地のさらに6割がなくなり通りに面して奥行きがなくなってしまい勝手の面影は消えて移住してしまう方が多く残った方も商いはやめてごく普通の住まいが立て替えられてしまっております。
この屋のご主人はなんとしても貴重な建物はじめ後世に伝える文化は残していきたいとの思いから大切に維持されております。
薬局部分
IMG_4400.jpg

IMG_4404.jpg


思い出多い薬の看板が沢山の超されており一枚一枚広げてじっくり楽しみたい心境でした
IMG_4418.jpg
貴重なものは沢山は意見させていただき心引き締まる聞き取り調査にてついつい遅くなり6時過ぎまでお邪魔してしまいました。
薬タンス
IMG_4453.jpg
マップ掲載のお宅を先に屋号の木札を掲げ、他のお宅も随時調査しながら掲げさせていただく予定でおります。餅並みの皆さんが掲げてもらえるように頑張っていきます。
また゜また゜聞き取り調査は続きます



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。