埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2014年04月30日

加須市(旧騎西町)玉敷神社の藤

栗橋の6月21日の歴史セミナーの件で久喜市菖蒲支所に移った文化財課に相談に行った帰りに玉敷き神社の藤の事を思い出し近場にあるのに一度も見に来た事がなかったので覗いて帰る事にした。
藤祭り開催中にて駐車場は満杯なので短い時間ならと近場に止め掛け足での散策となったがきてみてビックリ仰天、灯台もと暗しとはこの事か・・・・
14-4-28 066.jpg
玉敷き神社 ウィキペディアこちら
参照
己貴命を主祭神とする。式内社で、旧社格は県社。埼玉県の元荒川流域を中心に数多く分布する久伊豆神社の総本社的存在である
14-4-28 063.jpg

県指定文化財になっている藤棚は見事なものである。玉敷き人事屋と共に1日じっくり散策すしてみたいところです。
14-4-28 060.jpg

14-4-28 042.jpg

14-4-28 040.jpg
玉敷き神社の藤 写真集が有りましたので転用させていただきます

14-4-28 043.jpg

p>

ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

日光街道栗橋関所・栗橋宿を元気にする会6月21日セミナーです

日光街道栗橋関所・栗橋宿を元気にする会
14-4-28 066.jpg
会が発足して1年になりますので6月21日に総会を行います。
会では毎月定例会を行い活動方針など話し合いながら進めております。
新年度の方針もほぼ固まりましたのでお知らせします。
5月17日 101時より12時まで 場所栗橋公民館 にて定例会議 
総会へ向けての最終確認と準備作業
6月21日 総会  セミナーと街歩き
午後1時  総会
午後2時  歴史セミナー 栗橋関所・宿場・河岸で栄えた栗橋の歴史を学ぶ
      講師 久喜市文化財保護課 主事 学芸員 巻島千明氏
午後3時30分 栗橋の街歩き
午後5時 懇親会 希望者
以上大まかなところは決まりました。
詳細は後日チラシ等でお知らせしますので歴史セミナーは会員以外の方に多く参加していただきたいと思います。
14-3-23 061.jpg
栗橋の歴史を皆さんと一緒に学び栗橋関所を復元させていきたいと願っております



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/

2014年04月28日

思い出2

昨日の続きになります
平成6年頃に長谷川アトリエの長谷川敬氏と知り合い幸手権現堂の古民家再生、幸手北の家に携わる事になり既存の古民家は日本の敗戦と共に立派な住まいは解体され納屋を住まいに直して居住しておりました。元の納屋の状態まで余分なものは削除し一旦曳き家して新しい基礎を造り元の位置に戻して再生する事になりました。
工事が進み庭に曳き家して基礎工事を進めているときに関西の大震災に遭遇してあわてました。
その教訓を生かし耐震を強化して工事を完成させました。
長谷川敬アトリエはこちら
ブログはこちら
この建物は「住宅建築」1996年4月号に掲載されその後別冊「民家再生」や家庭画報等建築雑誌数社に掲載されました。
住宅建築96年4月号
14-4-27 006.jpg

14-4-27 007.jpg

14-4-27 013.jpg
別冊 民家再生
14-4-27 016.jpg

14-4-27 019.jpg

家庭画報
14-4-27 005.jpg

14-4-27 001.jpg
この時代設計事務所の大先生とは縁のない時でしたので長谷川敬氏との出逢いで古民家再生に目覚めましたし衝撃も受けこの建物にて古民家の声を聞き学び今の自分が古民家再生にのめり込むきっかけとなった事は間違いない事です。
その後まもなく日本民家再生リサイクル協会が発足する事を知り設立当初より参画していく事になりました。
職人かつくる木の家ネットもまもなく発足するので参画しないかと長谷川氏に誘われこちらも発足当時より参加し第1回総会が秋田で開催され始めて会員の皆さんと顔を合わせ伝統工法に拘っている皆さんの熱気心にすっかり打たれ嵌り込んでしまいました。
その後は木の家ネットの皆さんの情熱に圧倒されながら色んな勉強をさせていただく事になり後に伝統工法が今の建築基準法では建てられなくなるとの危機感から「これからの木造住宅を考える会」を他の団体に呼びかけ6団体を主体に立ち上げて国交省の「伝統的構法設計法作成及び性能検証実験検討委員会」に委員として多数の方が参加して実験棟を繰り返しながら検討を進め国交省に報告してありますが国の方針がハッキリせず折角時間とお金を掛けた委員会ですが何ら方針が示されないままの現状が続いていますので何とか1日も早く伝統工法が誰にでも建てられる法律として施工される事を望みます。
職人がつくる木の家ネットこちらこれからの木造住宅を考える会(これ木連)こちら
思い出すときりがない・・・・いずれ又思い出しながら書きます



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。