埼玉の伝統構法の家づくり、自然素材にこだわった家づくりをしています。

2012年11月30日

日光街道宇都宮より杉並木へ

日光街道宇都宮を抜けいよいよ杉並木です
12-11-22 134.jpg

杉並木の入り口は紅葉した木が多く見られます
12-11-22 116.jpg

竹林も所々に見かけられます
12-11-22 118.jpg

栃木県指定天然記念物
智賀都神社の長寿の夫婦欅 
12-11-22 124.jpg

12-11-22 125.jpg

紅葉が素晴らしい杉並木の入り口
12-11-22 131.jpg

ここから少し進むと並木寄進碑があります
12-11-22 132.jpg

12-11-22 133.jpg

杉並木は楽しみながら散策します
12-11-22 136.jpg

特別史跡 特別天然記念物 日光杉並木街道の一里塚 今市市水無と書かれた案内板がありました
12-11-22 137.jpg

これが一里塚の杉のようです
12-11-22 144.jpg

日光街道探索も終盤になってきました。日光東照宮ももう少しでたどり着きます。



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 09:35| Comment(0) | ぶらり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

川島町 薬師堂屋根葺替工事をお手伝いさせていただくことになりました

埼玉県川島町は川越市の東側にあり荒川と市ノ川に挟まれており、遠山記念館のある町です
その町に鎌倉時代から伝わる薬師堂が代々住民の皆さんに大切に守られて来ております。
この度屋根のトタンが傷んできましたので葺き替えることになり私どもでお手伝いさせていただくことになりました。
ご本尊様は川島町の指定有形文化財・彫刻となっておりますのですべてに緊張しながらの施工となります
12-11-28 003.jpg

12-11-28 035.jpg

川島町指定有形文化財・彫刻 薬師如来座像こちらへ
 座高が38cmあり、桧材の寄木造りで、鎌倉期の作といわれています。武蔵七十二番薬師記によると、この坐像は第三十七番に記され、近郷に並びなき秘 仏であると語り継がれ、現在に至っています。
 下八ッ林薬師堂の本尊です。
12-11-28 034.jpg

12-11-28 020.jpg


本堂裏には和船が2艘おかれています
今度なぜなのか聞いてみようと思う
12-11-28 018.jpg

同じ敷地内には村社天神様が祀られております
12-11-28 037.jpg

農家のお宅が昔は多かったのですが今はこのような屋敷は少なくなりましたね・・・
12-11-28 038.jpg



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

日光街道 石橋宿から宇都宮へ

日光街道 石橋宿には名残が多く観られるのかと期待していたのですがあいにく面影がないままに宇都宮へ入ります。
宇都宮城址公園へいきまず探索
12-11-22 091.jpg

ウィキペディア宇都宮城はこちらへを参考
平安時代に藤原宗円が二荒山の南に居館を構えたのが初めである。近世・江戸時代に改修され、輪郭と梯郭形式を合わせた土塁造りの平城であった。本多正純の頃には天守があったといわれているが、清明台櫓を事実上の天守としていた。また、徳川将軍の日光東照宮参拝の際に将軍の宿泊施設として利用された。

明治初頭の戊辰戦争の際に焼失し、第2次世界大戦後に都市開発が行われたため、遺構はほとんど残っていないが、本丸の一部の土塁が現存し、本丸の土塁、堀が外観復元、建物(清明台、富士見櫓、土塀)が木造で復元され、宇都宮城址公園として一般に公開されている。今後、本丸御成御殿、本丸清水門、本丸伊賀門を復元する計画がある。

画像はこちら

日光参拝の折りには宿泊される程拠点とされ栄えた宿場でもあったはずなのに面影はほとんどなくなり今では白の再建委員会を造って再建運動を行っているそうです。
明治維新から戦前までの間に日本人の心のふるさとである自然風景を破壊してきた為に今では心がズタズタになり人間関係が狂ってしまい昔からの自然・歴史文化の再興を望んでいる方が増えているのではないでしょうか・・・・・
12-11-22 087.jpg

12-11-22 080.jpg

12-11-22 079.jpg

12-11-22 100.jpg

12-11-22 101.jpg

12-11-22 103.jpg

12-11-22 104.jpg

城址公園を後にして日光街道を宿場の面影を探しながら進みますがそれらしき物は見つからず杉並木の始まりまで来てしまった。
12-11-22 113.jpg



ランキングに参加してます!

出来ればポン↓と応援お願いします!

ポン↓と


にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ

にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ




古民家再生・現代の民家のご相談は
株式会社 和田工芸
ホームページはこちらへ
http://www.wadakogei.co.jp/
posted by wada at 09:19| Comment(0) | ぶらり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。